先輩インタビュー

先輩社員H・W


これが私の仕事

防災用や消防用の無線アンテナなどを開発しています。
川里工場で、防災用・消防用無線アンテナなどを開発しています。基地局用アンテナや汎用性のある大型アンテナも担当しています。テレビが地デジ化したように、実は無線も近年デジタル化が急速に進みました。消防用無線のデジタル化を受け、私たちも多数のアンテナを開発しています。アンテナの開発では、まず顧客が求めている特性を出すよう基本設計して、電気的な検証作業を行います。そして結果を顧客に報告してOKが出たら、CADで図面を起こしていきます。試作品の段階でもテストを行い、望む結果が出るまで製品をバラし、再度、組み立てる工程を繰り返していくのです。アンテナの向きや長さにミリ単位の調整をしていく。地道な作業も伴うエンジニアリングだといえます

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

高速道路の無線基地局向け製品を開発しました。
そんな難しい性能出し・特性出しも、若い時期から任せてもらえる。それが当社で働く魅力の一つだと思います。私も入社1年目で基地局用アンテナの開発を任せてもらい、初めてミリ単位の調整を経験。その思い出は忘れられませんし、関わった製品が継続的に納品されていることに、誇りと喜びを感じています。海外向けの特注品を3ヵ月かけ、ほぼ一人で開発したケースもありました。技術一課は総勢10名の体制。仕事の量と人数を量れば、たぶん少数精鋭の組織といえるでしょう。そのため「この製品の担当」と決まると、責任と裁量を与え仕事を任せてくれる環境です。また先輩にアドバイスを求めやすい和やかな風土もあります。とても仕事がしやすい職場だと思います。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

大学でTVアンテナを研究。迷うことなく進路が決まりました。
大学でTVアンテナを研究。大学院でも同様の研究をしていたので、進路に迷いはありませんでした。でも振り返ってみると同じ研究室から、アンテナ専用メーカーに就職したのは私だけでしたね。

これまでのキャリア

所属部署は入社以来ずっと同じ。技術一課です。

先輩からの就職活動アドバイス!

僕は針路が明確でした。ですから実は当社の工場を見ることなく就職を決めていました。でもみなさんは実際にアクションを起こしてください。自らの目でその会社が「本当に自分に合っているか」確かめてほしいと思います。