先輩インタビュー

先輩社員S・N


これが私の仕事

社内システムの運用・管理、PCやアプリの導入支援などをしています。
本社・情報システム課で、社内システムの運用・管理を行っています。また各セクションの問い合わせに対応し、PC端末や各種ソフト・アプリケーションの導入などをサポート。全社で900台を超えるPC端末と社内システムを上手に運用・管理して、社員が仕事のしやすい環境を創る!それが私たち情報システム課の仕事です。最近はWindows XPからのOS移行がありました。こういう大きな環境変化もスムーズに進めるのが私たちのミッションです。課のメンバーは課長を含め7名で、平均年齢は30代半ば。いちばん入社年次の若い私だけが女性という体制なので、フレッシュな女性メンバーが仲間になってくれると嬉しいですね。ちなみに産休・育休などの制度もあり、女性が働きやすい会社です。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

複合機の一斉導入を主導。全社的なコスト削減に貢献できました。
会社備品の手配は、通常、総務が所管する業務です。しかし2013年に複合機を一括で新規導入(入替)することとなり、ベンダーや機器の選定を情報システム課が担当することになりました。現在の複合機は多様な機能を備える情報機器。私たちなら機能や価格に関する知識があり、最適だろうと白羽の矢が立ったものです。それまでは購入メーカーがバラバラ。同じメーカーでも部署によってカウンター費用にバラつきがあるなど、コスト面の課題もありました。その重要なミッションを私が担当。1社に統一するためのメーカーとベンダー選定、ドライバーインストールの効率化、社員に対する操作方法の案内などたくさん試行錯誤と苦労をしましたが、結果、年間300万円以上のコスト削減を実現。周囲からの評価と、大きな達成感を得ました。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

穏やかな会社風土に触れ、自分らしく働けると思いました。
私が会社選びの最終段階で、ポイントとしたのは「人間関係」です。就職活動でそんな希望にバチッとはまったのが、当社でした。会社説明会に参加した際、私は会場がある本社本館ではなく、間違って新館に入ってしまいました。どうしていいか、ウロウロするばかりの私を、先輩社員が親切に案内してくれたこと、案内してくれる途中で、先輩が上司と穏やかに会話している様子が印象的でした。それまではIT系中心に就職活動をしてきて、「競争の激しい世界もいいな」と思っていましたが、それだけに穏やかで尖っていない日本アンテナの会社風土が新鮮でした。この会社なら無理な背伸びをせず、自分らしく働けるだろうと思えたことが志望動機です。

これまでのキャリア

入社してからずっと、管理部 情報システム課で仕事をしています。

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動では自分の長所・短所を否応なく知ることになります。精神的に辛いこともありますが、「こういう機会でなければ自分と向き合うこともない」と前向きに捉えてほしいと思います。また面接では「1あったことを10に増してPRしろ」という指導を受けるかと思いますが、程々に。人事のプロはそんなことお見通しです。自然体でできた面接がいい出会いだったりします。少なくとも私はそうでした。初心忘れず・繕いすぎず…が私からのアドバイスです。